• Menu
  • Menu
siana springs tented camp

シアナスプリングス

込み込み15万円でケニア旅行の宿泊先はこちら、シアナスプリングス。

英語名はSiana Springs Tented Campなので「テント…キャンプ…?」と覚悟を決めつつも到着。ナイロビからはバスで2-3時間はかかりました。

フロントっぽいゲートをくぐると広い敷地内にぽつぽつとテントが。たしかにテント!
しかし中に入るとそこは…

siana springs tented camp

全然ふつうにホテルみたいな客室!写真に収まりきっていませんが手前側にソファとミニテーブルとチェアもありました。右側テントの奥には…

Siana Springs Tented Camp

洗面台!結構広い!左右にそれぞれちゃんと個室のトイレとシャワーもあります。

Siana Springs Tented Camp

シャワーはちゃんとお湯が出るし、トイレは水洗で清潔です。
虫もいませんでした。

テントの外に椅子とテーブルも。調子に乗ってテーブルに脚を乗せてくつろいじゃいました。

Siana Springs Tented Camp

テントの窓はメッシュになっています。窓のむこうに何やら動物らしきものが見えます!

Siana Springs Tented Camp

シカぐらいの動物ならふつうにホテルの敷地内にいました。

Siana Springs Tented Camp

食事をとるのはここ。朝食はビュッフェスタイルです。ふつうにパンや目玉焼きなどのスタイル。豆煮などもあり栄養は十分です。

プールもあるということでしたがこの様子…。季節柄あまり暑くなかったので入る人がいないのでしょうか。

夕方になりました。

Siana Springs Tented Camp

夜になると焚火もたいてキャンプの雰囲気。夕食をとっているとどこからともなくマサイ族がやってきました。

Siana Springs Tented Camp

こ、これはいきなり土産物の販売をするコーナーか?!と思いましたがそんなこともなく歌って踊って(ジャンプして)去っていきました。印象的だったのは、ホテルの従業員の男の子も途中で混ざってジャンプしていたこと。ホテルで働いてるマサイ族の子だったんですね。

Siana Springs Tented Camp

夜、部屋に戻るとベッドに湯たんぽが!夜は涼しいのと電気が使えなくなるので嬉しいサービスです。
「夜シャワーを浴びたら出たタイミングで電気がとまってドライヤーを使えなくて湯たんぽであたためてしのいだ」という女性客もいましたので、シャワーは早めに浴びるか朝がよさそうです。

(2013年の旅行情報です。)

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です